コペンハーゲンとスウェーデンに旅して考えた5つのこと

f:id:yoshiume0702:20190716222337j:image

1.ヒュッゲは生活に欠かせない魔法の言葉

デンマークにはヒュッゲという言葉がある。

デンマーク人の友人に聞いたところ、

ヒュッゲとは、自分にとって心地よい時間ということで、

デンマーク人はこの精神をすごく大切にしている、という事だった。

家族や友達と過ごすことや、なんでもない時間を大切にしている。

例えば、公園の芝生の上で寝転んでいてもヒュッゲ。


よしうめは、ヒュッゲという考え方がすきだ。

家でぼーっとしている時間も、公園で日向ぼっこをしても、

生産性が一切なくても

自分がリラックスできればヒュッケなんだと思うと、心が軽くなる。

ただ怠けているわけではなくて、必要な時間なんだ!

 

2:コペンハーゲンのビルはかっこよすぎる。


コペンハーゲンの街並みで印象的だったのは新しいビルがとにかくおしゃれで目立つ事。

ビルは無機的になりがちだけど、ビル自体が有機的な(曲線的)なデザインだったり、

ガラスや木の使い方が素敵で、無機質な印象を受けない建物が多かった。

コペンハーゲンの海辺のビルにはテラスがあったり川岸もたくさんの人が腰かけて

ヒュッゲを楽しめるようなスペースがあったのも印象的だった。

王立図書館のブラックダイアモンドは海辺にあり、外観は直線的なデザインが

海とのコントラストを際立たせ建物自体を引き立てている。

内部にはクラシックな空間もあって、そこを含めていい感じ。電柱もなく、高層ビルも少ないせいか空がとても広い。

落書きやごみはほとんどない。

いたるところに大きな公園や木々があり、新緑のシーズンに行ったからか

緑が本当に美しかった。

夜は5月中旬で日が沈むのは21時ごろ。

自転車専用道路があり、地下鉄もバスも便利。

冬を知らないせいか、単純にとても良い街だな、と思う。

 

3:エコはライフスタイル。エコは選べる。
関心したのは、

スーパーにある食材にエコマークがついた製品があること。

環境に配慮した製品と、そうでない製品が一目でわかるようになっていて

消費者が製品を選ぶ事ができるのが良い。いたるところにビーガンやベジタリアン向けのメニューや製品がある。

ビーガン専用の食料品店もあった。

デンマークベジタリアンの人が多いらしい。

デンマーク人の友人が来日した時、ベジタリアンと聞いて

『食事は肉も魚もNG。美味しくなさそうな食事なのに、なんでわざわざベジタリアンになるんだろう?』と不思議だったけど、

デンマークでご飯を食べて納得した。

ベジタリアンの料理は普通に美味しいし、ヘルシーなので健康的なくらいだ。

品物のバリエーションも日本より豊富で、スパイスやハーブを多用しているので、食べ応えがある。

 

 

4:人それぞれ違うのは当たり前。

ベジタリアンになる理由は人それぞれで、動物がかわいそう、とか環境問題に意識があるから、とか。

自分なりの理由を、当たり前のように言う。

日本だと周りにどう思われるかが気になって、自分の意見はハッキリと言わないと思うから驚いた。

自分の意見として表明し、

他人が決めたことを、あれこれ言わないで、尊重する。

デンマークでは一人一人の考え方が違うのは当たり前、という考え方なんだろうな。

子供の頃から尊重されて、大人になったんだな、と思った。

意見が違っても、その人を否定するような事はほとんどないから、

自分の意見を堂々と言えるし、周りと意見が違おうが気にしない。大切なのは自分が納得できるかどうか。

日本は洋服や食べ物の流行はあるけれど、環境への配慮からベジタリアンやビーガンになる、というような

生活スタイルの流行はあまりない気がするけど、これからの日本も少しずつベジタリアンやビーガンもライフスタイルとして定着するだろう。

どんなライフスタイルだろうと、1人1人が尊重されて、生きやすくなるといいな。

 

5:物価が高いけど、絶対行った方がいいデンマークスウェーデン

北欧が素晴らしいのは知っていたけど、こんなにも素晴らしいとは知らなかった。

何が素晴らしいかって?

暮らしを楽しくするヒントがたくさんあった。

ヒュッゲやフィーカを楽しむことや

インテリアで心地よい空間を作ること。

人それぞれの意見を尊重すること。

ああ、また行きたいなあ、北欧。

白馬わさびの森オートキャンプ場で愛犬と手ぶらキャンプ!

よしうめです!

今さらGWのお話です。

今年の10連休、最高でした。。戻れるなら、GW中に戻りたい。。

10連休中は旅行の予定もなく、ずっと家にこもっていましたが、

1日くらいお出かけしたい!と思い、奇跡的にキャンセルが出た白馬わさびの森オートキャンプを見つけ、キャンプしてきました。

f:id:yoshiume0702:20190616163113j:plain

5月のぼくです!つくねです!

 

サービスエリアで犬のおトイレ休憩をはさみつつ、ゆっくり白馬へ向かいます。

どのサービスエリアにもたくさんのワンコたちが休憩してました。

ワンコたちは飼い主さんと一緒にお出かけできて、どの子も嬉しそう。

今年のGWのお天気はずっと悪かったのですが、幸いにもキャンプ当日の白馬は晴天!

新しいキャンプ場で、トイレも超綺麗と聞いていたので

めちゃくちゃ楽しみにしていました。

 

到着してみると、確かに綺麗!

f:id:yoshiume0702:20190616160650j:plain

柵の中まで車で入れる素晴らしさ


 

よしうめ家はキャンプ道具を持っていないので、テントやBBQ台、テーブルや椅子などはキャンプ場の備品を借りました。

どの備品もキレイでしたよ!

前日までの雨を感じさせない、ふかふかのウッドチップが一面に敷かれた敷地に、つくねも嬉しそう。

f:id:yoshiume0702:20190616160828j:plain

くんくん、くんくん!



よしうめたちがキャンプしたのは、柵に囲まれたドックラン付の一画です。

柵の内に車を停めて、車の隣でキャンプができるので、

荷物の運搬が最小限で済みます。

キャリーや台車を持たないキャンプ初心者にはありがたい限り。

柵で囲まれているので、犬を放しっぱなしにできるで、

キャンプの準備がしやすく使い勝手がよかったです。

f:id:yoshiume0702:20190616161122j:plain

キャンプ用の備品はテントを立てる前に、数量チェック!

f:id:yoshiume0702:20190616161309j:plain

テント、BBQ台の他、タープと机、椅子を借りました

 

キャンプ場内にはワサビ農園もあり、

広い敷地の中を愛犬と散歩することもできます。

5月の白馬は日中でも16ほどで、犬も人間もとても過ごしやすい気候でしたが、

朝晩はしっかり冷え込んだので、防寒対策は必須でした。

 

1泊だったので、時短のため、ご飯の下準備は自宅である程度、終わらせていました。

BBQ用の野菜を切り刻んだり、スープを作って、温めればOKにしておきました。

下準備のおかげで、洗い物も最小限に抑えられたので、

準備してよかった!

家にあった、残りご飯でおむすびを握って

BBQ台で焼きおにぎりにして食べたのですが、個人的に一番美味かったです。

f:id:yoshiume0702:20190616161510j:plain

焼きおにちゃんたち。ご飯に夢中な人間に見切りをつけた愛犬つくねは早々とテントの中で寝てしまう。

よしうめはお酒を飲まないので、

お酒を飲みながらキャンプする、という楽しみ方ができないんです。

お酒を飲む人とキャンプに行くと、おつまみ系のご飯に偏って

白飯が出てこないので、いつも夜中にお腹が空いてしゃーないのですが、

焼きおにぎりは〆にもできるし、お腹にたまるし、最高。

これからは自分用におむすびはマストだわ。

お酒を飲んでいたオットも、焼きおにぎりをペロリ。

お酒飲む人でも美味しいのがいいね、焼きおにぎり!!

 

夜はBBQして、ご飯食べて、朝は早起きして、つくねとキャンプ場を探検がてら

散策。敷地内にはワンコ同伴のお客さんもたくさんいました。

今回は1泊しかできませんでしたが、次回は2泊ぐらいしてゆったりしたいです。

また行きたい!と思えるキレイなキャンプ場でした。

 

BBQの煙ですっかり臭くなったつくねを、帰宅後すぐにお風呂で丸洗いしました。

 

OKなご飯スポット

 

しろうま農場 白馬ブルーベリー園/農かふぇ

http://www.hakubasodachi.jp/menu-html/

 

白馬わさびの森オートキャンプ場の向かいにあるお店。

テラス席は犬OK

白馬の山々を眺めながら、愛犬と一緒に美味しいご飯を頂けます。

f:id:yoshiume0702:20190616161948j:plain

空気が美味しいぞ

定食屋で犬OKなお店、よしうめは初めてだったので、めちゃくちゃ嬉しかったです。

全部美味しそうだったのですが、店員さんオススメの野菜コロッケ定食、信州ハーブ鶏の南蛮定食を注文。

デザートに食べた、信州りんごのアップルパイがめちゃくちゃ美味しかった!!!!

11時半ごろに行ったので、席にすぐ座れましたが、

それからすぐに満席になり、我々が店を出る頃には、行列ができていました。

f:id:yoshiume0702:20190616162338j:plain

野菜コロッケ定食

f:id:yoshiume0702:20190616162106j:plain

南蛮定食

f:id:yoshiume0702:20190616162140j:plain

りんごたくさん激ウマ!アップルパイ




姫川源流茶屋(蕎麦)

https://peraichi.com/landing_pages/view/9p9o4

 

ネットで閉店になっていますが、2019年のGWには営業してました。

お店に確認とっていませんが、大型連休など、まとまったお休みにはOPENするのでは?テラス席があり、犬OKでした。

近くの姫川源流は散策コースになっていて、犬とお散歩するにはピッタリ!

姫川源流茶屋はそんな姫川源流の入り口にあるお蕎麦屋さんでした。

小腹も空くので、すぐお昼休憩できるのがよかったです。

f:id:yoshiume0702:20190616162656j:plain

姫川源流茶屋

f:id:yoshiume0702:20190616162812j:plain

犬と一緒に食べるお蕎麦屋さん、最高!

f:id:yoshiume0702:20190616162542j:plain

姫川源流とつくね

 

ベジタリアンおもてなし 和食メニュー

よしうめです。

先日、我が家にデンマーク人の友人が泊まりに来ました。

20歳の青年である友人はベジタリアン(肉と魚は食べない)で、

彼をどこのレストランへ連れていこうか、何を作って振る舞おうか、

ウンウン考えあぐねていました。

 

私は、日本ではベジタリアンはマイノリティーだと考えています。

自分の友達にもベジタリアンはいないので、馴染みがなく

料理を作ろうにもアイデアが浮かんできません・・・。

野菜を使った料理かあ、、うーん、サラダくらいしか浮かんで来ない・・・。

ネットで調べてもベジタリアン向けの和食の献立がなかなか見つからない・・

 

「vegetarian restaurant tokyo」でgoogle検索すると、

意外にも都内にベジタリアン対応のレストランが多いことにびっくり。

 

とはいえ、ほとんどのレストランが都心に集中しているので気軽に行くには腰が重いし、

せっかく日本に旅行に来たのだから、日本ならではの料理や野菜を食べてほしい。

せっかく我が家に泊まるのだから、家庭料理も食べてほしい。

 

そんなわけで、ベジタリアン向けに夕食を作ったので、リストを共有したいと思います!!

 

***

 

ベジタリアン歓迎会(夕食)のメニュー

 

おかず 6品

 

1.ピリ辛きんぴらごぼう

2.厚揚げの素焼き(たっぷりの長ねぎとポン酢をかけて)

3.きゅうりとカブの浅漬け(刻み生姜、大葉、ミョウガ、昆布で風味をたっぷり)

4.里芋とジャガイモのオーブン焼き(オリーブオイルをかけて)

5.カブとトマトとフレッシュレモンのオリーブオイルがけサラダ

6.カブのナムル(ごま油と塩)

 

汁物

 

7.豆腐と長ねぎと油揚げのお味噌汁(白味噌赤味噌・昆布だし)

 

ご飯

 

8.たけのこご飯(たっぷり昆布だし)

 

デザート

 

9.千疋屋のフルーツアイスクリーム(友人のお土産)

 

飲み物は緑茶、ほうじ茶。

 

***

 

結果は、、とっても喜んでくれましたーー!

よかった、よかった。

ポン酢も気に入ってくれたみたいで、カブとトマトのサラダにも、

きんぴらにも、ポン酢をじゃんじゃかかけてました。。

なんか違うけど、まあ良いじゃないか!!

 

 

たけのこが旬だったので、炊き込みご飯を作りましたが

きのこや油揚げの炊き込みご飯でもいいし、おいなりさんや納豆巻きのお寿司を手作りしてもいい。

今回のおもてなしを通して、

和食って、肉や魚を使わなくても、美味しいお料理ってたくさんあるな、と実感しました。

 

こんな簡単な料理はおもてなし感ゼロだし、

口に合わなかったら、どうしよう・・と自信がありませんでしたが杞憂に終わり、

こちらが想像した以上に喜んでくれました。

もしベジタリアン向けに家庭料理を振る舞おうか迷っている方がいたら、

ぜひチャレンジしてみてください!

きっととても喜んでくれると思います^^

 

友人は我が家に数日に滞在したあと、日本各地を旅行して、また我が家に戻ってきたときに、

「地方に行ったときに英語がなかなか通じず、英語のメニューもなくて大変だった。

ラーメン屋に入ったときに、ベジタリアンといったら、チャーシューはとってくれたけど

スープ自体は豚からとったスープだった。肉や魚を完全に排除するのは難しいので、

厳格にしないことにした!」と言ってました。

 

地方でもベジタリアンやビーガンの人が、ストレスなくグルメを楽しめる日本になりますように!

 

***

 

よしうめは毎朝、ハンドドリップでコーヒーを淹れて飲むのですが

ハンドドリップにとても興味を持っていました。

デンマークではコーヒーマシーンでコーヒーを淹れることが主流だそうです。

ハンドドリップで淹れたコーヒーをとても喜んでくれていました。

 

特別なことはしなくとも、案外普段通りのことをすれば、喜んでもらえるんだなーと

実感した体験でした。

 

DIY!刺し子xボーイフレンドデニム 膝の破れをお直し

ずーっと愛用していたボーイフレンドデニムが破れたので、お直ししてみた。

 

<ビフォー>

結構がっつりした穴が開いている。

下には白い布を当てている。

f:id:yoshiume0702:20181207171852j:plain

<ビフォー>下に白い布をバイアス方向に置いてる

<アフター>

穴の上を覆うように長方形に

チクチク手縫い。

だいたい5時間くらい。

映画やドラマをみながらチクチク・・・

f:id:yoshiume0702:20181207172136j:plain

<アフター>平縫いで、手でチクチク。筒の中に牛乳パックを突っ込んで縫いやすく。

縫い糸は2本取りで

刺し子の存在感をUP。

f:id:yoshiume0702:20181207172428j:plain

アップするとこんな感じ。

f:id:yoshiume0702:20181207172619j:plain

履いてみて、膝を曲げるとこんな感じ。

ワードローブが復活すると嬉しいね。

 

ボーイフレンドデニムだからこそ

刺し子がマッチするし、

粗さも味になるし、

誤魔化しが効いて、よきよき!

そして直した後、愛着がすごい湧いてくる!!

つくね(愛犬)とマキネスティ  

マキネスティコーヒーは、両国と錦糸町にある犬OKのカフェ。

 

yoshiume0702.hatenablog.com

 

まだ暑いときに

テラス席でコーヒーを飲んだのですが、

店内でまったりしたくなって

また行ってみました。

 

店内は、よーく見るとデザイナー椅子

(よしうめは学校で名作椅子と習った)がずらり。

高いんだよね、名作椅子って。

 

つくねと奥のテーブルにひっそりと着席。

f:id:yoshiume0702:20181207180208j:plain

すいませ〜ん!かふぇおれ、ひとつくださ〜い!

f:id:yoshiume0702:20181207180513j:plain

アップルパイ、美味しいそうだよ?たべたら?

ケーキ類が美味しそうだったけど、

お腹がすいてなかったもんで

カフェオレだけに。

 

f:id:yoshiume0702:20181207180658j:plain

クリスマスの飾りつけが、テーブルの上に。

カフェオレ、美味しい〜

今度は豆を買ってみよう。

名作椅子にも座ろう。

f:id:yoshiume0702:20181207181035j:plain

お膝の上で大人しくするのは得意さ

つくねが吠えない犬でよかったよ。

2泊3日で弾丸台湾旅行!桃園空港でおみやげ探し〜〜!

<旅程>

1日目 17時 花園空港着

2日目 自由行動   

3日目 12時 花園空港発 →今ここ!

 

2泊3日の弾丸台湾旅行の最終日。

格安航空機のチケット付きツアーのため、変な時間のフライト。

最終日は市内観光は諦めて、

桃園空港でおみやげを買うことに専念することにする。

朝食つきのツアーだったので、最終日はホテルで朝食をとるが

バイキング形式の朝食はあんまり美味しくなかった・・・

じゃんねん。。

f:id:yoshiume0702:20181207104205j:plain

地下鉄にもすっかり慣れた!台湾の地下鉄はとても綺麗だった!

空港までの往復チケットを行きに買っていたので、

いざ空港へGO!!

ホテルで朝食を少ししか食べなかったので、お腹がへる。

空港でご飯食べよう、とのことで我慢。

 

***

 

桃園空港の2F売店でおみやげ探し!

サニーヒルズを背にして、右手方向にある売店でお買い物。

f:id:yoshiume0702:20181207104633j:plain

お土産1:お茶(烏龍茶+天然菊花)

このお茶を選んだのは、台湾産自然栽培茶だったから。プレゼント用。

f:id:yoshiume0702:20181207160804j:plain

台湾マンゴー

台湾マンゴーは、つくねのお守りをしてくれた人へのお礼!

 

f:id:yoshiume0702:20181207160959j:plain

バラマキ土産。左から桂花緑茶、古早味紅茶(台湾の伝統的なお茶)クチナシ烏龍茶。

f:id:yoshiume0702:20181207162505j:plain

個装になっていて、パッケージが可愛い

花緑茶は空港のお姉さんがオマケで1箱くれた^^

(紅茶とくちなし緑茶を合わせて8箱買ったからなのか?なんでオマケしてくれたかは不明)

小茶裁堂、パッケージは可愛いし、味も美味しかったので買ってよかった!

しかもティーバックタイプ。

「小茶栽堂」で販売されているのは100%台湾産の自然栽培のお茶で

無農薬・化学肥料不使用・無添加などにこだわって製造されている(ガイドブックより)ので、安くはないけど、自分ももらって嬉しい物を贈りたいからね。

 

***

f:id:yoshiume0702:20181207163927j:plain

Sunny Hillsのパイナップルケーキ

桃園空港にあるSunny Hillsのパイナップルケーキを初めて購入!

こりゃー・・・

美味しかったー・・・(うっとり)

 

親戚のおじさんがお土産にくれるクソ不味いパイナップルケーキを

パイナップルケーキの味と認識していたので

まるで別物というくらい、美味しかった・・・!

パイナップルの餡もたくさん入っていて、パイナップルの強い甘さと

クッキー部分のバターの甘さとサクッサクッ感。

 

おじさんのお土産は

パッサパッサなクッキーと、繊維ばっかりの餡が特徴。

ほんのり甘い餡は、食べた後に独特のエグみが・・・

 

ありゃ一体なんだったんだ・・・・

感動したので、Sunny Hillsの南青山店にも行っちゃった!

f:id:yoshiume0702:20181207164822j:plain

日本のSunny Hillsのパイナップルケーキ

日本と台湾の食べ比べをしたけど、

台湾の方が、作りたてな感じがした位で大差なかった。

日本で買うと、5個入り1500円とお高いので、気軽に買えない。。。

おいしーから、すぐ食べちゃうんだけど。。

 

***

お土産をGETしたけど、

チェックインから保安検査、出国審査まで長蛇の列でずーっと待ちっぱなし。

カフェで休む時間は無く、免税店を見る暇も無く

パンだけ買って、搭乗ゲートへダッシュ!!

桃園空港がひろーーーい上に、

バニラエアの乗り場が空港のドン詰まりにあるから、

出国ゲートを出てからが、遠い遠い。

歩いても歩いても、搭乗ゲートにつかないので、最後は小走りに。

 

チェックインは1時間前に並び始めたものの、

搭乗ゲートにたどり着いたのは

離陸10分前・・・。

ふー・・危なかった。

 

腹ペコの我々を救ったパン。

美味しかったよ。

f:id:yoshiume0702:20181207170607j:plain

免税店エリアにあったパン屋さん。ふつーに美味しかった。

 

***

f:id:yoshiume0702:20181207165734j:plain

ぼくを置いていくなんてひどいじゃないのよ

結局、成田空港も空港の端っこに着陸!

安いには、理由があるよね!!

 

台湾2泊3日旅行!台湾式洗髪に、全身マッサージと小籠包

<旅程>

1日目 17時 花園空港着

2日目 自由行動   →今ここ!

3日目 12時 花園空港発

 

2泊3日の弾丸台湾旅行。

自由に行動できる1日は、朝から行動!

 

朝ごはんを食べに「鼎元豆漿」へ。

7:30に現着したけれど、すでに長蛇の列。

お店は雑居ビルの2Fなんだけれど、1Fですでにこの行列。

f:id:yoshiume0702:20181205133331j:plain

鼎元豆漿のながーい行列。毎朝、この行列らしい。

 

それでも30分後には、店内へ。

f:id:yoshiume0702:20181205133647j:plain

店内で、パンをこねこねしている様子。絶対食べるぞ、と心に決める

f:id:yoshiume0702:20181205133803j:plain

日本語メニューあり。

さっきこねていたのは厚もちと薄もちだな。

名物の塩豆乳=台湾名は“鹹豆漿加蛋”。塩味の豆乳にネギやザーサイ、干しエビ、油條などがトッピングされた謎の人気商品。

いろんなガイドブックで絶賛されていた“鹹豆漿加蛋”の味を求めて、このお店にやってきた・・・

 

<オーダーしたもの>

塩豆乳

台湾風卵入り焼クレープ

厚餅+卵

ライスミルク

f:id:yoshiume0702:20181205135022j:plain

頼んだのだのがこれ。

f:id:yoshiume0702:20181205135221j:plain

厚餅。これが一番美味しかった

塩豆乳、よしうめは苦手な味だった(好みの問題です、完全に。)

パクチーと塩味の豆乳の合わせが苦手だったんだけど

パクチー好きなオットはおいしーおいしーともりもり食べていた。

ライスミルクは薄いきな粉汁見たいな味だった(これも好みの問題。)

厚餅は、さすが作りたて!という感じで、外はカリカリで中はふわふわ!!

中に挟まっている卵やきが、塩味とねぎが効いていたので、

生地の美味しさを味わうならば、具なしのプレーンを注文したらよかった。

 

***

 

髪を洗いに、采悦美容生活館へ

台湾の思い出作り。

青木さんのガイドブックでおすすめしていた采悦美容生活館へ。

f:id:yoshiume0702:20181206160710j:plain

予約せず、開店と同時に訪問すると

すでに日本人の御一行が洗髪をしていた。

スタッフは日本人によく慣れているようで、とても愛想よく洗髪してくれた。

シャンプーとヘッドマッサージ(オプション)のコースにしたんだけれど、

ヘッドマッサージは、櫛の持ち手で頭のツボをごりごり刺激される

痛気持ちいいマッサージだった。

気持ちいい<痛い、ので眠ることもできず、

イタタ・・とうめき声をあげると、スタッフのおばさまが笑いながら

「キモチイイねー」と呟き、よしうめのイタタ・・は、無かったことになっている。

足つぼや目の周りのマッサージもある。

f:id:yoshiume0702:20181206160039j:plain

メンズもOK。オットと並んでの洗髪はなかなか楽しい。

台湾式シャンプーは、いろんな髪型を泡で作ってくれて、

技(?)が決まるたびに、写真タイムを設けてくれる。

f:id:yoshiume0702:20181206161706j:plain

つのバージョン。

髪の毛が長い方が、いろんな技を繰り出してくれる感じがした。

シャンプーを洗い流すと、かなり丁寧にブローをしてくれる。

よしうめの癖っ毛も、さらさらのストレートになるまで

ヘアアイロンを当ててくれた。

オットも丁寧なブローにより、髪の毛が1.5割り増しに多く見える。

全部で60分くらいのコースだった。

お茶もサービスしてくれ、大満足!

 

***

近くの行天宮に、お参り。

三国志関羽様を祀ったお寺で、商売の神様。

お参りの仕方が、日本と違ったのが、おもしろかった。

おばあちゃんがたくさんおり、お寺の中に血圧測る機械があったのも印象的。

f:id:yoshiume0702:20181206162527j:plain

沖縄の首里城とちょっと似ている・・?

***

ちょっと遅めのお昼へ。

鼎泰豐 ディンタイフォン

日曜日の14時すぎで35分待ち。

さすが人気の名店。

日本語もふつーに通じる上にウエイターさんは美男美女揃いだった。

f:id:yoshiume0702:20181206163735j:plain

待ち時間は35分!その間にメニューをチェック!

待っている間、入り口近くの看板を見ながらオーダーを決めていると、

相席OKならすぐ案内できるとのことで10分ほどで店内へ。

 

オーダー表を渡したら、すぐにお料理が運ばれてきた!

f:id:yoshiume0702:20181206164437j:plain

エビシュウマイ

f:id:yoshiume0702:20181206164505j:plain

小龍包

f:id:yoshiume0702:20181206164535j:plain

小龍包の名店で、小龍包5ケしか頼まないという凡ミス。。。

f:id:yoshiume0702:20181206164649j:plain

きゅうりのピリ辛漬けは、八角の香りがアクセント

f:id:yoshiume0702:20181206164805j:plain

空心菜とエビの炒めもの

f:id:yoshiume0702:20181206164935j:plain

牛肉の煮込み麺(八角の香り強め)

f:id:yoshiume0702:20181206165420j:plain

ごま饅頭。このごま饅頭は、とてもおいしい。コンビニで売って欲しい。。

我々はこのお店で、痛恨のミスをしたのだ。

そう、小龍包の名店なのに、小籠包を一種類しか食べていない。

サイドメニューは美味しかったが、

やはり小籠包は別格だった。。。

ごま饅頭は、忘れがたいくらい美味しかった。。。

他にも蟹みそ入りや、ヘチマ入り小籠包、トリュフ入り小籠包など

かなり珍しい小籠包があったのにもかかわらず、

なぜ注文しなかったんだろう・・・我々は・・・

これからは、素直に名物を楽しむ注文を心がけたい。。(反省)

 

***

六星集足體養身會館でマッサージ

台北市内に4つの店舗を構える同店舗。

24時間営業の店舗で、全身マッサージ。

台湾に行ったら全身マッサージをすることを楽しみにしていました。

が、やっぱりごりごり痛かった・・・

よしうめは以前、一度だけ日本で全身マッサージを受けたことがあるんだけど

その時はあまりの気持ちよさに、眠気を抑えるのが大変だった。

でも台湾のマッサージは、痛くてとてもじゃないけど眠れない・・・

こーゆうもんなのでしょうか。ふむ。

f:id:yoshiume0702:20181206170227j:plain

お店に入る前から、日本語発見。心強い。

 

***

迪化街ティーホアチエ)をぶらぶら

青木由香さんがプロデュースする台湾アイテムのセレクトショップ「你好我好」

でお土産を物色。

そのあとは迪化街をぶらぶら。

迪化街はおしゃれなものを売っているエリアもあり、乾物の問屋もありで

楽しかったな〜

f:id:yoshiume0702:20181206171235j:plain

紙の被り物。なんなんだろう、これは。

f:id:yoshiume0702:20181206171509j:plain

駕籠屋さん。物色したかったんだけど、チラ見するだけ。反省・・・

f:id:yoshiume0702:20181206171706j:plain

乾物屋さんの前には台湾ワンコ・・台湾のワンコは放し飼い多め

 

***

濟南鮮湯包へ

さあて、あっという間に夕食でい

昼間の小籠包の感動が忘れられず、夕飯も小龍包のお店へ。

f:id:yoshiume0702:20181206172152j:plain

やはり日本語メニューあり。でも店員さんは日本語通じないので注意

人気店だけあって、まさかの40分まち。

店員さんが順番に番号を叫んで、呼ばれたら入店できるんだけど

中国語でしか番号を叫んでくれない・・・

しっかり外で待っているのに、店員さんが何組か中国人グループを先に

案内しちゃっていたので、店員さんにしっかりアピールするのが大切。

f:id:yoshiume0702:20181206173032j:plain

お昼に続き小龍包。同じ小龍包だけど、不思議なもんで味の違いがちゃんとある

f:id:yoshiume0702:20181206173305j:plain

貝柱と魚肉、エビ入りの蒸し餃子

f:id:yoshiume0702:20181206173456j:plain

ごま饅頭はお昼に食べた鼎泰豐に軍配(好み)

f:id:yoshiume0702:20181206173820j:plain

しらすの焼き飯

しらすの焼き飯が一番、美味しかった!!

しらすカリカリで、チャーハンはパラッパラ。

看板メニューらしい。看板メニューは偉大だね!!

 

レストランから出ると、パラパラと小雨が!!

夜市に行く予定だったんだけど、

お腹いっぱいだし、ホテルに帰って寝ることに・・・

 

台湾てこんなに美味しくて、楽しい場所だったのね。